【2021年7月】小説家になろう ハーメルン カクヨム 備忘録

はじめに

 どうも日々々々(ひよ)です。「日」が「四」つだから「ひよ」。ずいぶん久しぶりですが、ブログを更新しようと思います。

 前回更新が2020年の8月だから約1年ぶりの更新になります。ヤバイわよ!

 この1年はApex Legendsをした記憶しかありませんが、こっそりウェブ小説も100作くらいは読んでいるので備忘録を書こうと思います。正直もう忘れているのが大半なんですけども。

 ちなみに更新経緯としては、最近Youtubeの動画投稿をまた頑張り始めたんですけど、エンドカードにブログのURLが張ってあるのに流石に1年間放置しているのはマズイでしょと思ったからですね。ポケモンの構築記事も書きたいので、今期は久々に1位目指して頑張りたいと思います。来シーズン更に人も消えるし今やらないとな……。

 関係ない話はこの辺で、備忘録に移りましょう。あ、今回結構酷評多いです。

塾講師は探偵じゃない

 塾講師は探偵じゃない(暦 壱悟) – カクヨム (kakuyomu.jp)

 あらすじ:新米バイト塾講師・門出窓太が解くのは、国数英理社に限った問題だけではない。教室内から突如剥がされる合格実績一覧表、不自然なコマの入れ替わり、許されざる謎の休日出勤者、そして生徒たちの不穏な心模様。果たして塾や生徒の未来に桜は咲くのか?!

 感想:ミステリにはまっている時期があり、その頃に読みました。メタメタ全開な本格(?)ミステリも良いですけど最近の流行はライトな日常に沿ったミステリのような気がします。というか異世界ファンタジー系も重厚な戦争系より軽い系統のが好まれてるような気もする。いや無職転生とか結構きつい話ですけども……。

 塾講師の主人公がそこで起きる些細だったり当人にとっては重大だったりするような謎・事件に挑む感じの話です。ぶっちゃけ細かい所は覚えてないですが、話がよく出来ていて面白かったことを覚えています。

 いや分かる人は分かると思うんですが、面白いミステリって本当に少ないんですよね。異世界ファンタジーとかは正直ストーリーの面白さ、キャラでゴリ押せなくもないと思うんですけど、ミステリってゴリ押すと魅力が完全になくなっちゃうんで面白さが作者の構成力・文章力に直結するんです。だからウェブで面白いミステリ見つけると結構感動するんですが、この作品も読んでてとても感心しました。

 でもミステリって話を解説するとネタバレになるから紹介難しくないか? と思いました。

獣の見た夢

 獣の見た夢(MAKI) – カクヨム (kakuyomu.jp)

 あらすじ:すべてを失った男は、気がつくと瀕死の子供に転生している……。美しく雄大な自然、恐ろしい人食い魔獣。そして、運命の少女イースに出会う。

 感想:途中でgdりだした辺りで読むのをやめました。本格異世界モノという感じで、描写も悪くはないんですけど、個人的には話にメリハリがないように感じたように覚えています。ぶっちゃけ話の内容ほとんど覚えていません。120話ぐらいは読んでいる筈なんですが……(多分どっかの人気な騎士団長?のもとについて戦いの手助けをしている辺りまでは読んだ)

 覚えている限りでは、主題というかタイトルになっている「獣」という要素がそこまで重要じゃないというかそこにフォーカスしなくてもいいんじゃないかという気持ちになって、普通の異世界モノとしては全体的にキャラがちょっと弱いような気がしました。すみません。好きな人もいると思います的な作品。

ぼっちの俺がゲームスキルで大人気配信者になった件

 【PV80万突破】ぼっちの俺がゲームスキルで大人気配信者になった件(相野仁) – カクヨム (kakuyomu.jp)

 あらすじ:ゲームが得意なぼっち主人公がVになった瞬間いきなりバズって人生全部うまく行ってる感じの話

 感想:この作者の作品は「プロゲーマーライフ」という作品からちょくちょく追っていて、場面場面で面白い描写・シーンなどはあるんですが、恐らく作品を完結させる気があまり無いので読まない方が良いと思っています。というかネクストライフに全部の魂注がれてるんじゃないかな……(読んでないのでよく知らない)

 書籍化作家ではありますが、完結させる前にほかの作品始めちゃうタイプなんですよね。多分これも配信者モノが流行っていることから書き出したはいいけどだらだら続けている感じだと思うので、読みたい人はエターなることを覚悟して読んだ方が良いと思います。

 いやこれ作品の感想じゃなくて作者の感想だな。作品としては、主人公に周りが優しすぎるのが気持ち悪いです。厳しくしてほしいわけじゃないんですけど、流石に全肯定が過ぎるなと……。

 徹頭徹尾が「主人公偉いね」すぎてマジでヤバいので逆に皆さんに読んでもらってこの気持ちを共有したいです。

あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?

 あなたを救いに未来から来たと言うヒロインは三人目ですけど?(氷純) – カクヨム (kakuyomu.jp)

 あらすじ:お前未来で死ぬから助けに来た、と美少女に言われたけどちょっとまって!それ言われるの君で3人目なんだけど。しかもこいつら未来人同士って分かると人格が吹き飛ぶらしい。時間逆行にラブコメ青春が混ざった感じの話。

 感想:別作品の「十年目、帰還を諦めた転移者はいまさら主人公になる」を読んで結構よかったなーと思っている所でかなり気になるタイトルだったので読んでみました。これがいわゆる作者読みですね。

 でこれが面白くてですね。完結もしてるし今回イチオシです。僕にしては珍しく、久々に書籍も買っちゃいました。

 基本的にはタイムリープして良いルートに進めるように頑張る話なんですが、キャラが良くてですね。メインヒロインの3人全員良いキャラしてるし、主人公もとても主人公なんですよね。個人的には後輩が好きなんすわ。(ヒロインは後輩、同級生、姉的な人の3人)

 基本設定が良くて、未来人のヒロイン3人が主人公を助けに来てるんだけど、互いに未来人って知ると人格が破壊されるから未来知識を簡単に利用できずに悲劇を回避できない。でも何とか抗って一つ一つの事件を解決していきます。この流れがめちゃめちゃいいですね。シュタインズ・ゲート程大掛かりではないですが、近いものを感じました。

 「なぜ時間逆行できるのか」については流石に説明は曖昧な感じですけど、「時間逆行に関する事件」に関してはきっちり解決させるのも良い点。まあタイムマシンの理論は適当でも元々現実的じゃないんだから別にいいでしょと思います。

 あとこれはネタバレ気味ですが、終わり方がすげぇ良いんすよね。3人ヒロインがいてラブコメって言ったら普通誰も選ばないとか特に理由なく最初から好きな奴に行ったりすると思うんですけど、ラブコメしつつも3人との関係はフラットのまま話が進んで、でも最後はしっかり理由つけて一人を選ぶからめちゃスッキリしましたね。

 中編くらいの長さだけどかなりオススメしたい。

非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものはなんですか?

 非科学的な犯罪事件を解決するために必要なものはなんですか? – ハーメルン (syosetu.org)

 あらすじ:他人の精神に干渉できる能力を持つ主人公、中学時代はやんちゃしたが高校では静かに生きようと思っていたが周りでは非科学的な事件が起こって巻き込まれていくのであった。

 感想:あらすじ下手すぎて申し訳ないですが主人公は目が死んでる女子高生です。そういうの好きだよなお前ら。僕は好きです。

 まあ能力者バトルモノです。ただ全体的な水準が高いです。キャラしかり、文章しかり、展開しかり。主人公も4章段階でもまだまだ得体が知れなくて、周りのキャラが充実してきたこともありこれからの展開が更に楽しみな作品。こういうこと言うと二度と読めなかったりするんだよな……。

 現状主人公がもう絶対最強なんですけど、展開回しが上手いから最強系な感じもそこまでしないですね。

 感想書きながら徐々に、主人公のキャラが好きなだけでオススメしている気がしてきたのでこの辺にしておきます。

輝きたくて

 輝きたくて – ハーメルン (syosetu.org)

 あらすじ:5年前の世界に女になって人生のやり直しをすることになった主人公は、大金を稼ぐためにVtuberを始める。

 感想:Vtuberモノです。そこそこの長さで完結してるのが珍しいのと、僕個人的に嫌いなバラギパロって適当にウェイしてる感じの話ではないのでまあまあ人に勧められる系の作品です。めっちゃ淡々と進むから感動したりはしないと思うけど。

 関係ない話としてはこの文章で分かると思いますが僕はストゼロのvの奴はかなり苦手です。いや話の完成度としてはこれよりも高いんじゃないかとは思うけど。

 話を戻して、まあこの作品、殊更に強調してパロってるわけではないですが、基本的に現実で起こってる事件は扱っているのでゲーム部の事件とか麻雀ゴースティング炎上vとかの話題は入ってます。登場人物もだいたい元ネタのvがいるのが分かりますね。

 まぁ下手によく分からん主人公に現存vの真似っぽいことさせてるだけみたいな話よりは面白いと思います。はい。v配信者系作品めっちゃ読んでるけどほんまに6話程度で配信2回ぐらいやって更新停止する作品多すぎるんじゃ。スタートもなんかしらんけどv事務所からが多いし、なんなんすかね?

自分をSSS級だと思い込んでいるC級魔術学生

 自分をSSS級だと思い込んでいるC級魔術学生 (syosetu.com)

 あらすじ:如何にも「自分には隠している実力がありますよ」と言わんばかりに振る舞い悦に浸る、一人のC級魔術学生の物語。

 感想:結構唐突に終わる感はありますが一つのネタとしては作者も言ってましたが区切りが良いようにも思う。短〜中編としてそこそこ良いと思っています。

 いわゆる勘違い系ですが、主人公自身が勘違いさせることに全力というのはハルジオンと一緒で割と面白い。手段も似たような感じなんでハルジオン好きな人は多分好きだと思います。ハルジオンは多分昔の備忘録のどっかで紹介したからもちろん皆さん読んでますよね???

 ハルジオンは主人公クソキャラでしたが、この作品は主人公が勘違い悦に浸ること以外はとても主人公しているのが良い点です。実力が伴っていないだけで、強大な敵に立ち向かったり、親しい人のピンチを助けるという主人公ムーブをきっちり成し遂げるわけですね。実力が無いことを嘆くわけでもなく努力しており、主人公のキャラが魅力的なことがこの作品の面白さに繋がっているかと思います。

 特に最終話直前のデート回はめちゃめちゃ良かったと思います。あまり奇をてらった話をしてたわけではないんですけど、主人公やヒロインのキャラ性が存分に分かる良いエピソードだったと思います。それだけにもっと話が見たかったなと思う要因でもありましたが。

 一応勘違いモノ特有のご都合主義的な所はあるので、そういうのが分かった上で読む分には良いかと思います。

おわりに

 備忘録の意味があるのか疑問になるレベルで忘れてますね。1年前に読んだ作品のこと覚えてるわけないだろ! もっと更新頻度あげて、どうぞ。来月ぐらいにはまた更新してぇ。

 最近はマルチプラットフォームといいますか、小説家になろうだけじゃなくカクヨムやハーメルンと同時投稿している方も多いので、なろう備忘録というかWEB小説備忘録という感じになりました。今回もカクヨム多いね。

 なろうだとランキングから行かないと作品が探しづらい印象がありますが、カクヨムは個人レビューとか毎月のおすすめとかでランキング以外でも作品を見る機会が多いように思います。UIも悪くないので最近はなろうと同時連載されていてもカクヨムで作品読むことが多いです。

 これが流行り廃りなんだなあ……。

 ということで以上。あ、オススメ作品とかあったら教えてください! あとYoutubeのチャンネル登録して♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーマー兼WEB小説読みです。 ポケモンと小説家になろう、たまにライフハック記事など上げます。 好きな言葉は「為せば成る」 7世代最高レートは総合7612(1位) シングル2105 WCS2028