【ポケモン剣盾】ダブルでマスターボール級1位達成!ダルマウオスタン

はじめに

 どうも日々々々(ひよ)です。総合レート1位のポケモンガチプレイヤーです。

 11月22日午前1時の生放送中にダブルのマスターボール級1位を達成しました。

 剣盾のダブルは素早さ判定の仕様が変化し、ダイマックスも合わさってこれまでと違うめちゃ難しい環境でしたが、見事1位を取ることができてとても嬉しいです。

 今回使った構築は序盤ながらかなり完成度高く出来たと思いますので、皆さん是非使ってみてください。

※ダブルの仕様変更について

 今作での重要な点で、「素早さはその時その時で一番素早い奴が動く」という仕様変更があります。

 例えばエルフーンとバンギラス、ギャラドスとリザードンとして、通常はエルフーン→リザードン→ギャラドス→バンギラスの素早さ順ですが、エルフーンが追い風を打つと素早さが2倍となり次に動くのはバンギラスとなります。

 これが非常に強力で、例えばダイジェットは味方の素早さが1段階上がるダイマックス技ですが、これを打つと横のポケモンも1段階早く動けるのでヤバイです。今までの縛りの概念を塗り替えてます。

 この他にもドリュウズとニンフィア、ギャラドスとドラパルトといった並びでニンフィアをバンギラスに交換し砂嵐を発動させると、ドリュウズが一番最初に動きます。

 この点は近い内に解説記事か動画を出すので、今はとりあえずダイジェットが強いとだけ分かってればOKです。

 これを踏まえた上で構築経緯に移りましょう。

構築経緯

 まず剣盾のダブルが分からなかったので、7世代で初期に使って強かったバイバニラからスタートしました。ダブルの吹雪は強い……筈。

 その他はよく分からなかった為、霰のメインアタッカーでロクなのがいないので強そうなヒヒダルマ。シングルで猛威を振るっておりダブルでも明らかに強いミミッキュ。猫が使えてバンドリや雨に耐性的に優秀なゴリランダー。7世代で使ってた霰パにスカーフテテフが入っていたのでイエッサン♂。最後に威嚇が欲しいかな?と思ってギャラドスで完成。

 しばらくこれで回しましたが、スーパーボール級で停滞。流行ってるバンドリに安定して勝てないのが原因でしたが、ダイマックスしたヒヒダルマがめっちゃ強いことに気付けた為、これをメインに構築を組むことにしました。

 ヒヒダルマをメインに添える上で重要な点は、①ダイナックルで味方の攻撃を上げる点②威嚇に弱い点③素早さが中途半端な点です。

 まず①、ダイナックルの恩恵を受ける為、味方は物理型をメインに揃えたいです。この時点でバイバニラとイエッサンは消えました。サヨナラ!

 変わりにドラパルトとウインディを追加。ドラパルトは素早さが早く電磁波でS操作も出来て③の問題も解決出来て、クリアボディで威嚇も無視出来る為強く、ウインディはドラパルトに飛んでくる氷やフェアリーを受けられる為相性が良いです。

 ②の威嚇に弱い点は負けん気や勝ち気を入れることで対策。ここはミロカロスを投入しました。凍える風の素早さ操作も強力ですし、毒を覚えるポケモンが減った為、自己再生で詰めも狙えます。 代わりにギャラドスは消えました

 こんな感じでまたやりましたが、ゴリランダーの猫だましがダイマックスに効かないのが思ったより辛く、上手く盤面に干渉出来なかった為違うポケモンを投入することにしました。負けん気で威嚇も見つつダイジェットや追い風で③の問題も解決できるウォーグルを投入しました。これは正解で、ヒヒダルマ以外にダイマックスで強いポケモンが入ったことで構築に柔軟性が増しました。

 これで結構良い感じだったのですが、ミロカロスを入れても相手の炎が辛い状況が多く、ドラパルトの電磁波があまり有効に使えていなかった為、ウオノラゴンを採用しました。素早さは落ちますが、先制エラがみでダイマックスしたドリュウズを一撃で倒せるヤバ火力が魅力的。ウォーグルやヒヒダルマと合わせて攻撃を上げて強いポケモンで、これで6体が決まり、勝率8割程でマスターボール級1位に辿り着けました。

個別解説

ヒヒダルマ

特性:ダルマモード
性格:ようき
持ち物:弱点保険
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:181-192-75-x-75-161
技:守る/馬鹿力/つらら落とし/フレアドライブ

 構築のメインです。ダイマックスすることで耐久を上げ、攻撃を耐えて弱点保険で返り討ちにします。

 こんな貧弱な数値でも、ダイマックスをするとダイマックスドリュウズのダイスチルを耐えたり、バンギラスの珠岩雪崩を耐えたり、弱点保険を発動して殴っていけます。

 ダイナックルは味方の攻撃を上げる為シナジーが強いですし、ダイアイスやダイバーンは天候を取ることで相手の行動を制限出来ます。素の火力も高く構築のエースです。はいバナナ。

 ちなみにダルマの特性「ごりむちゅう」はダイマックスすると効果がないので、技が縛られることもありダルマモード一択です。 発動すると素早さが上がるので、弱点保険からダルマモード発動したヒヒダルマはまさしくゴリラでした。

ウオノラゴン

特性:がんじょうあご
性格:意地っ張り
持ち物:拘りスカーフ
努力値:12-236-4-0-4-252
実数値:167-154-121-x-101-127
技:エラがみ/氷の牙/噛み砕く/ドラゴンダイブ

 エラがみがヤバすぎるポケモン。ダイマックスウインディを一撃で倒したのを見て変な声出た。

 最後に入ってきたポケモンですが、スカーフで高火力持ちは入れたいと最初から思っていたので綺麗に構築に入ってきて良かった。今作は素早さが100属以上はあまり大した奴がいないので127でも十分速いです。もっと上のドラパルトは陽気でも抜けない。

 エラがみ以外の技は打たないしダイマックスもしないので、運用は比較的楽。そこそこ耐久あるので、ウインディの威嚇と合わせて適当に出しながら相手を上から破壊していきましょう。

 真面目にエラがみ以外の技がなさ過ぎるので悩んでいる。

ウォーグル

特性:負けん気
性格:陽気

持ち物:マゴの実
努力値:156-44-12-x-44-252
実数値:195-149-97-x-101145
技:守る/追い風/馬鹿力/ブレイブバード

 ダブル界で注目集まるポケモン。負けん気は威嚇で発動するのも強いが、一部のダイマックス技で能力を下げられた時も発動する為、相手のダイマックス技に制限をかけることが出来る。

 またダイマックス格闘技、飛行技はともに攻撃を上げるか素早さを上げる為味方との兼ね合いも高く、耐久も並以上な為めちゃくちゃ強い。

 ヒヒダルマが刺さっていない時はウォーグルをダイマックスさせるのが基本となる。

 技は基本の4つ。ノーマル技は打つ相手がいない。耐久調整は攻撃をバンギラスを馬鹿力で一撃ラインまで振って、残りを耐久に振り分けた。

 と言うと聞こえはいいが、実際は7世代で使われていたウォーグルのパクリです。

ミミッキュ

特性:化けの皮
性格:意地っ張り
持ち物:命の珠
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:131-156-100-x-125-148
技:影うち/じゃれ付く/剣の舞/シャドークロー

 シングルの型そのままだし、シングルのとおり強いです。特に言うことはない。

ミロカロス

特性:勝ち気
性格:ずぶとい
持ち物:食べ残し
努力値:252-x-116-4-4-132
実数値:202-x-125-121-146-118
技:守る/熱湯/凍える風/自己再生

 ヒンバスが出現しづらいのと、きれいなウロコが手に入りづらいので微妙に珍しいポケモン。

 技は特に語る所のない安定4枠だが、今作は凍える風しかり素早さが重要だと思った為、耐久を犠牲にかなり素早さに回している(S-1の100族抜き)

 ミラーアーマーのアーマーガアに凍える風を打つと素早さ低下が跳ね返り、勝ち気が発動する(強い)。

 基本は凍える風だけ打つが、たまにダイマックスしてダイストリームするのが勝ち筋になるので気をつけよう。

ウインディ

特性:威嚇
性格:意地っ張り
持ち物:拘り鉢巻
努力値:204-236-4-x-4-60
実数値:191-176-101-x-101-123
技:神速/フレアドライブ/インファイト/ワイルドボルト

 ロクな炎や威嚇持ちがいないので、アローラダブル同様頼りになる。

 調整は微妙な調整振りで、準速ルンパッパを一応抜けるようにして残りはHAに振り分けた。神速を打ちたい相手には元々素早さ負けているし、それ以外を打ちたい相手には結構勝てるので悪くないと思っている。

 鉢巻が一番強いと思うが、守るを打ちたい場面もあるので難しい。

 ダイマックスレベル0の時にダイマックスさせてしまい、砂ダメで死んだので試合が終わってすぐアメを投与した。

選出

 スタンなので色々出すが、大きく分けてヒヒダルマスタートかウォーグルスタートの2つになる。

 基本的に、素早さ操作が必要ない時はヒヒダルマから。横はミロカロスかウインディを添えるパターンが多い。

 素早さ操作が必要ならばウォーグルから出す。こちらもミロカロスかウインディが横が多い。たまにヒヒダルマと並べる。

 どちらも後ろにはウオノラゴン、ミミッキュを置く。

 先発で荒らして、後ろからウオノラゴンとミミッキュを出し圧倒的対面性能で〆る意識で戦おう。

※対中国バンドリへの立ち回り

 流行しているバンギラス・ドリュウズ・ウォーグル・ドラパルト・ニンフィア・ギャラドスへの立ち回り。

 初手ウインディ+ウォーグル、裏にミミッキュとウオノラゴン。

 相手の初手がバンドリならウインディをダイマックスさせてバンギにダイナックル、ウォーグルは追い風。威嚇を入れればウォーグルはどんな攻撃も耐えるので必ず追い風が決まる。

 ドラパルト+何かの場合はウォーグルをダイマックスさせて、ダイジェット+ウインディは相手の横に通る技を打つ。

 後はほぼ相手に通る技を打っていれば勝てる。相手のドリュウズが襷なのと、ウオノラゴンはドラパルトに抜かれる点に注意。

動画

 宜しければチャンネル登録してください。

レンタルチーム

まとめ

 お読み頂きありがとうございました。

 まだ環境の初期も初期なので、これを契機に考察が進んでいけば幸いです。マジで今回のダブル難しすぎるので。中国バンドリみたいに複数人で考察したいですね……。

 次はガラルビギニングに向けてシングルを頑張ります!

 何か質問・感想などあればコメント、Twitterに連絡下さい。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ゲーマー兼WEB小説読みです。 ポケモンと小説家になろう、たまにライフハック記事など上げます。 好きな言葉は「為せば成る」 7世代最高レートは総合7612(1位) シングル2105 WCS2028